さくぱんだの日常

日常のあんなことやこんなことを振り返り、自信を取り戻したい人へ向けてメッセージを綴っています。

フライング・デー

こんばんは。さくぱんだです。

1か月以上更新が途絶えてしまったので、2020年になってから初めての記事となります。全く音沙汰がなかったのは、なんとなく「気分がのらないなぁ。。。」というフワッとした理由からなのですが、今日は久しぶりに「よし!これで書いてみようかなぁ」というネタが生まれて、すごく嬉しい気持ちでいます。お仕事はというと、今も変わらずに同じ職場で続けられていて、最近は遅番のシフトに入ることが多くなってきました。お昼の12時前後に出勤をすることになるので、朝が苦手な自分にとっては助かっている面もあります。その一方で、どうしても(お休みの間隔や朝夕の行動パターンなどが)不規則になってしまうせいか、生活のリズムをうまく整えることがとても難しいなぁとも感じています。冬の寒さも加わり、1月に入ってから急に心身の不調を自覚するようにもなって、気持ちがすっかり落ち込んでしまったり、身体を動かして家事をすることが億劫になったりしていたので、これから気温が上がって暖かくなっていくにつれて、このブログの更新頻度も上昇させたいなと考えています。

 

さてと、今回の本題に入る前に、、、なぜ突然「よし!ブログ書こう!」という意欲が生まれたのかというと、2つ理由があります。1つ目は、今日いくつか用事をまとめてやっつけようとお出かけをしたら、小梅ちゃん(とってもかわいい柴犬です♡)に偶然遭遇できたことです。すっごく嬉しくて、興奮のあまり写真を撮らせていただくのを忘れてしまったのは残念ですが、元気にお散歩をしている小梅ちゃんを見ていると、不思議とやる気がメラメラ~っと湧いてきました。飼い主さんからは、「冬毛がどんどん抜けてきている」「いつもストーブの前に座って動かない」といった小梅ちゃんの近況についてのお話を聞かせてもらって、短くてもすごく楽しくてほっこり癒される時間でした。2つ目は、まさにタイトルにまつわる出来事ということで、ここから本編が始まります。ずばり!今日初めてお菓子(ブラウニー)作りに挑戦してみました♪

f:id:sakupannda:20200210170144j:plain

(ちょっと変かもしれないですが…チョコレートっぽく加工してみるとこんな感じ)

バレンタインのお菓子だと、これまでに何度かクッキーやチョコパイを作ったことはあったのですが、ブラウニーは本当に初めてで、「(味や食感の)正解が分からないからどうしようかな・・・」と思いつつ、焼き上がりは「おっ!こんな感じで合ってるのかな?」とちょっと感動しました。自分がお手本にしたレシピでは、お砂糖やチョコレートの量をお好みで加減しても大丈夫とのことで、本番はもう少ししっとり甘めにしようかなと思っています。こうして練習をするにあたって、本物のブラウニーってどんなものなんだろうか?と、市販のものを買って食べて研究していたら、体重が2キロも増えてしまって、おでこやほっぺたに吹き出物がたくさんできてしまったので、お菓子って恐ろしいなと身をもって実感しました。でも、自分でお菓子を作る機会はめったにないので、1年に1回は今まで作ったことのないお菓子を作ってみる、なんてことができたら面白いかもしれないなと思案中です。

 

1か月以上のブランク(?)明けということで、リハビリのような感覚で今日起きたことをぽそぽそと書いてみました。ずーーーっと更新をしていなかったので、読んでくださる方がいるかどうかとても心細いですが、こればっかりは気にしてもしょうがないかなとも開き直って(?)います。最近読んだ本の中で、(ざっくりとしたニュアンスなので、あいまいになってしまいますが、)お仕事において「長い時間をかけて100点のものを作ろうとする人」「とりあえず60点くらいできたらすぐ出してみる人」はどう違うか?といったことが書かれていて、自己啓発本やビジネス書などを読むたびに“自分は前者の気質が強いんだろうなぁ”と痛感しているのに、失敗するのが怖くて完璧を求めてしまうスタイルがいまだに残っているのは、失敗を怖がらずに完璧を求めない境地へたどりつくにはまだまだ練習が必要なんだなぁというふうに受け止めています。現に、バレンタイン当日に向けてこうして前倒しの練習をしていることが何よりの証拠です。。。(なんでこんな真面目なお話になってしまったのでしょうか・・・?笑)次回は、ちゃんと中身のあるお話が書けたらいいなと思います。

 

前回の【野田琺瑯】にて、☆を押してくださった読者のみなさま、本当にありがとうございます。とっても励みになります♡

最後まで読んでくださって、本当に本当にありがとうございました♪